スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.11.02 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

東京藝術大学「テラコッタ技法による彫刻制作」

JUGEMテーマ:彫刻

【8月25日】

2週間前に窯入れした作品を窯出し。

爆発した作品もなく皆無事で良かった。

慎重にカートや自分で抱えて教室まで移動。

 

 

 

綺麗な肌色に焼きあがりました。

 

 

紙やすりややすり等で修正。

彩色やひび割れ箇所の修正方法の説明がありました。

 

欠けてしまった部分はボンドなどで接着。

接着部分は修正パテ(焼いたテラコッタをすりつぶしてやまと糊とこねて耳たぶ位の柔らかさのパテを作る)を塗り目立たないようにします。

裏側から見てひび割れしてるところがあれば同様に修正パテを塗る。

 

ボールなどに砥の粉(赤・白・黄色)と水を入れ溶かして刷毛で作品に塗る。

自由に好きなように彩色してOKでした。

アクリル絵の具や水彩で彩色している方もいました。

 

色を決めかねていたところ先生が見てくれて、

「黒やってみましょう」と言うことになり、

霧吹きに水+墨汁+朱墨を入れました。

 

作品を水場に運んで霧吹きで作品の裏からまんべんなく吹きかけ布で様子を見ながらふき取り。

 

【8月26日】

仕上げ。

彩色足りないところを刷毛で置く感じで塗り、布でふき取りと艶出し。

強くふき取りたいときはウエスを少し湿らせるとふき取れる。

手で撫でても艶がでる。

 

 

ふき取ると朱墨の効果で茶色が出てきてブロンズのような感じになりました。

 

 

 

 

 

11時より60名の受講生の好評会。

 

「首を造る」のクラス

 

 

 

作品とご本人はなんか似てます。

 

「ヒトを造る」のクラス

 

 

 

 

日々の工程を終えるので精一杯でしたが、先生方のおかげで作品出来上がりました。

楽しい8日間ありがとうございました。

次回も行けますように。

 


スポンサーサイト

  • 2018.11.02 Friday
  • -
  • 22:11
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

PR